株式会社 エス エス イー サイトマッププライバシーポリシー
会社概要 業務内容 採用情報 イベント情報 インフォーメーション お問合わせ
業務内容

GeneXus


業務システム設計・開発ツールGeneXusジェネクサスVer.9.0

業務システム設計・開発ツール GeneXus

GeneXus(ジェネクサス)はAI(人工知能)で作られた、データ中心設計(DOA−Data Oriented Approach)の思想に基づく、業務システム設計・開発ツールです。GeneXus(ジェネクサス)を使用したインクリメンタル開発を行うことにより、ユーザの要求事項を正確、忠実に実現することができます。
GeneXusはデータ項目を登録することにより、自動的に画面・帳票を作成し、データベースを正規化することができます。


GeneXusの特徴

サーバOSを意識する必要がありません。
プログラム言語(SQL含め)を考慮することなく開発できます。
データベースの種類を意識することなく開発を行うことができます。
プログラムを自動生成しますのでバグがありません。
システム基盤(インフラ−環境)の変化に対応し続けます。
  例)CS基盤からWebインフラへ
システム保守(メンテナンス)が容易です。




GeneXusの機能

データ項目定義を行うことでプログラムを自動作成します。
データベースの自動正規化を行います。
(デフォルト)画面、帳票を自動的に作成します。



GeneXusの付加機能

ビジネスコンポーネント ビジネスルール等をコンポーネント化
テーマ テーマエディタでHTMLタグを定義し、オブジェクトとして定義可能
ドメイン(ユーザ定義型) システム内で共通に使用するデータ型・桁数をドメインとして定義可能
データビュー データビューオブジェクトにより、他のデータベースの参照・更新が可能
開発ドキュメント出力 ER図、各オブジェクト内容のリスト表示が可能 …etc

ページトップへ

開発手法

業務分析は従来の方法を変える必要はありません。
設計はデータ中心設計(DOA)で行います。
- データ項目を定義することによりそのデータを登録するための画面・データベースを自動的に 作成します。
- 1つのトランザクションの項目を別のトランザクションに分ける場合も元のトランザクションを意識する 必要はありません。
- 実際に動作する画面を見ながらレイアウトを決めていきます。
製造は主にビジネスルールの定義をおこないます。

開発手法イメージ図



弊社のご提供するサービス

GeneXusが日本に紹介された段階から、GeneXusを使用したシステム開発に取り組んでいます。このため経験豊富な技術者が多数在籍しています。

経験豊富な技術者による業務システムの開発を請け負います。
GeneXusのパートナとしてライセンスの販売を行います。
導入時に経験豊富な技術者によるサポートを行います。

システム構築実績
・会員管理システム
・顧客情報管理システム
・工事情報管理システム
・簡易ワークフロー管理システム
・苦情・相談管理システム
・外注管理システム
・勤務管理システム
・人事管理システム


弊社の取り組み

2003年 3月 GeneXus導入に対する調査・研究に着手
2004年 5月 2004年ビジネスショウに共同出展
日本初エンドユーザ向けシステム構築を開始
2004年 12月 SIベンダの依頼を受けたシステム開発を開始
2005年 4月 システム開発を本格化
2005年 6月 2005年SODEC(ソフトウェア開発環境展)に共同出展
2006年 4月 システム構築事業が軌道に乗る
2006年 6月 2006年SODEC(ソフトウェア開発環境展)に共同出展


お問い合せ先


ページトップへ

株式会社 エス エス イー 〒141-0002 東京都品川区東五反田1-11-15 電波ビル7F TEL03-5449-2381 FAX 03-5449-8143(c)SSE CO.,LTD.ALLRIGHTS RESERVED.